高気密住宅と床下暖房で1年中、心地よい家づくりなら、総合建設業の今野工務店におまかせください。

心地よい暖かさの家  心地よいお付き合い

涼温空間とは、その名のとおり夏は涼しく、冬温かい空間のことです。
当社が得意とする床下暖房をはじめ、高気密高断熱、サーモスクリーンで窓辺の熱損失を防ぐなど、いくつもの技術と手法を組み合わせて、涼温空間を実現します。
私たちがつくる、涼温空間の家がどんなものかご紹介させていただきます。

基礎断熱による床下暖房という暖房方式は、高断熱・高気密住宅の特性を生かし足元からのふく射熱と自然対流で室内だけでなく床からも暖かさを感じることが出来るようになっています。床に熱線を敷き詰める床暖房に比べ設備費が安く、さらに家全体の床がほのかに暖まるので、トイレ、キッチン、浴室など家全体を暖めたいとお考えの方にオススメです。

ダブル・ハニカム(蜂の巣)構造で窓辺の熱の出入りを防ぎます。生地はポリエステルなのでカビ、虫、バクテリアに強く防腐性に優れ、紫外線もカットするので断熱・省エネ効果を手軽に実現できる美しく進化した新時代のスクリーンです。より高い断熱、遮光性を追求した断熱レールもございます。

付加断熱工法は寒冷地の更なる良好な温熱環境と省エネルギーを求める先進の一部で行われていました。柱間に高性能断熱材を充填し、その外側に更に高性能断熱材を外張り付加する高性能な工法です。

高断熱・高気密とは壁・床・天井などに断熱材を使用し高い断熱性・気密性を実現させるものです。断熱(断熱材を壁などに充填し中と外の環境を分け熱の伝わりを防ぐこと)と気密(家の隙間をできるだけ無くすことで中と外の空気の交わりを断つこと)により夏は涼しく、冬は暖かく、いつでも安定した気温で過ごしていただけます。